美容や健康に効果的なのはアミノ酸のサプリメントです

閉経期前後の体調維持

漢方薬

気・血・水の巡りを改善

閉経期前後には女性ホルモンの減少が原因となって、体や心の不調が起きやすくなります。ホルモンバランスの乱れによる更年期障害には、エストロゲンによるホルモン補充療法が行なわれます。しかし発がん性などが心配で、ホルモン剤を使いたくないという方も少なくありません。そうした場合には漢方薬で更年期障害を緩和することもあります。漢方薬には女性ホルモンは含まれていません。漢方では気・血・水の巡りを良くすることで、体全体を健康にしていくという考え方をします。更年期のイライラを解消するには気を改善します。便秘・冷え性・肩こりなどには血の、むくみやめまいには水の流れを整えることが大切です。それぞれに適した漢方薬があります。

実証と虚証の見極め

漢方には実証・虚証という考え方もあります。太り気味で体力のある人は実証、痩せ型で虚弱体質の人は虚証です。両者の間に中間証というタイプもあります。更年期障害の改善には、実証であれば桃核承気湯、虚証であれば加味逍遥散、中間証であれば当帰芍薬散などがよく用いられます。漢方薬は体質に合わなければ逆効果になることもあるため、実証・虚証の見極めが何より大切です。時代とともに漢方の良さが見直され、現在では大学の医学部でも必修科目になっていますし、漢方薬・生薬認定薬剤師などの資格試験も実施されています。患者の体質や症状に合わせて、的確なアドバイスのできる薬局や薬剤師が、今後はいっそう増えていくと予想されます。